結論から言うと、SEがスキルを深めるためには独学も必要です。
初心者の間は誤った概念を覚えないようにするため、できるだけ熟練のSEからマンツーマンでトレーニングしてもらうのが最適ですが、一定程度のスキルを身につけたSEの場合は別です。最低限基本を押さえた後は、能動的に独学していくSEが長い目で見ると伸びていきます。

SEは書いたコードが思い通りに動かなかった時、必ずしも正しい答えを誰かから教えてもらえるわけではありません。自分で仮説を立て、ネットで調べたり専門書を漁って自分の力で正解を探し出す必要があります。
SEの仕事はクライアントの要望通りのシステムを作ることで、どんなコードを書くかある程度の裁量があります。SEは機能する多様なプログラムコードを熟知していなければいけないのです。

そこで、検索エンジンや専門書を活用して、普段から他のSEが作ったシステムを解析し、なぜここはこのプログラムを使ったのか、違う関数ではダメなのかなど、よく分析して学習し、自分の血肉にする習慣をつけておくことがSEとしての腕を成長させることに繋がります。
知識を蓄え、不測の事態が起きても対応できるようにしておくことがSEとして成長するために大切なことなのです。自分で能動的に動けるSEだけが強くなります。誰かに何かを言われる前からアンテナを張り、プログラムやコードに関する様々な知識を常に収集して自分のものにする心意気を持つようにしましょう。