セミナーや研修会に参加することの大切さ

IT業界は技術の進歩が速く、つい最近まで使われていた技術が古いものへと変わることも少なくありません。そのため、SEは常に勉強して、知識や技術の更新を続けることが大切です。
会社員として働くSEの場合には、会社がそうした自己研磨の場を設けてくれることはよくあります。しかし会社が消極的な場合は、自らが動かなければ時代の流れに取り残されてしまうのが現状です。

その際に活用すると良いものとしては、セミナーや研修会が挙げられます。セミナーや研修会では、IT業界の最新情報を入手できたり、最新技術そのものに触れられたりと、自己研磨に励みやすい環境にあるのがポイントです。
自己研磨をすることによって、上記でも述べたように時代の流れに取り残されることなく仕事を続けられるのはもちろん、仕事の幅を増やせるチャンスも生まれるでしょう。そのため社員のスキルアップに積極的な会社に勤めている場合でも、自ら進んで外部のセミナーや研修会に参加するSEは多くいます。

また、ほかのSEや多業種と触れ合えるキッカケを作れるのも、セミナーや研修会の魅力の一つと言えます。他者と自分を比較することで自分の現在のレベルを把握でき、どれほど自己研磨に励めば良いのか目安になるはずです。
他者よりも低いと感じた場合には当たり前ですが、他者と同じレベルだった場合でもそこで満足していてはいけません。セミナーや研修会に参加したからといって、内容を自分のものにできなければ同じレベルの人たちに置いていかれてしまうからです。自分が一歩先を行けるようにしっかりと意識して、セミナーや研修会に参加しましょう。

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

他の記事はこちら

最近のコメント

    タグ

    カテゴリー

    アーカイブ

    メタ情報